スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横須賀軍港めぐり / 品質管理アプリケーション

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年10月17日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は望月が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    横須賀軍港めぐり
 <<2>>開発例
    リレーショナルデータベースを利用した品質管理アプリケーション

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(望月)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 横須賀軍港めぐり

 先日、小学校4年生になる親戚の子が戦艦に興味を持ち出したというので、
 横須賀に戦艦三笠を見につれていきました。
 
 ちなみにうちの二人の娘はまったく興味がないようなので、その間親戚の子
 とうちの子をトレードしました。

 三笠の主砲はとても迫力のある大きなものでした。
 現代の軍事技術であればこんなに大きな弾丸は必要ないため、逆にここまで
 口径の大きな砲塔が見れる船はないのではないかと思います。


 ついでのつもりで横須賀の軍港めぐりツアーというものに参加してみました。

 幸か不幸か、丁度近隣の国の情勢が不安定になっていた事もあり、横須賀港
 には非常に多くの軍艦が寄航していて、親戚の子は大興奮でした。

 ツアーガイドさんが「本日のお客様、非常にラッキーです」と言っていた
 程です。

 実際に運用されている潜水艦を始めて肉眼で見られましたし、アメリカの
 空母ロナルドレーガンも丁度オーストラリアから戻ってきていました。

 ロナルドレーガンは東日本大震災の復興に参加して東北に派遣されていた
 ニュースくらいしか知りませんでしたが、実物は町一つ分くらいの人間を
 収納できそうなとんでもない大きさでした。
 
 また、自衛隊のイージス艦が数隻、レーザー艦などなじみの薄いものも
 見る事ができました。

 戦艦三笠はそれはそれで面白いものだったのですが、ついでのつもりだった
 こちらもなかなか貴重な体験となりました。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>開発例(望月)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 リレーショナルデータベースを利用した品質管理アプリケーション

 最近の案件で、複数装置の測定結果を自動収集した上で正規分布化し、
 日替わりでグラフ表示するというアプリケーションを作成しました。


 一日で数百件、年間で数万件以上に及ぶ測定データを管理するにはCSV
 ファイルなどへの保存では少々大きすぎます。
 
 また、収集対象がローカルの装置ではなく、複数台にわたる測定装置の
 場合、データアクセスの取り合いが難しい問題となります。

 こういったケースで有効なのがデータベースです。


 さらに、リレーショナルデータベースであれば複数データ間では共通と
 なるような情報、例えば別の日に測定したそれぞれの結果に対して
 測定条件は同じなどの場合、測定結果そのものと測定条件を別テーブル
 で管理し、それぞれのテーブルを固有IDで関連付ける事でデータ容量の
 削減やアクセス時間の短縮にもなります。

 測定装置として単純な測定結果の規格値に対する合否はもとより、昨今
 では品質管理の観点から測定結果の日々の傾向から製造ラインの異常を
 事前に判断するような必要があり、今後このような形のアプリケーション
 の要求は増加するものと思います。

 また、こういったシステムであれば、合格品ではあるが潜在的な不具合
 をもつ2次不合格品を出荷前に検出できる事があります。

 これは現状では単なる正規分布による判断ですが、膨大な収集データを
 生かし、将来的にはマシンラーニング手法による判定等も視野に入れる事
 が可能かと思います。

 今回作成したアプリケーションでは、測定装置の各クライアント側には特に
 データベースの導入を行なわず、サーバー側がネットワーク経由で測定
 データを収集し、データベースに保存する構成をとっております。

 この形であれば、既存の装置であってもネットワーク接続された環境で
 あれば、データサーバ側が勝手にデータ収集し、各データフォーマットを
 理解してデータベースに落とし込ませる事で測定結果のデータベース化が
 可能となります。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 軍事機器(兵器)は戦闘の道具という事で、個人的には怖く感じます。
 実際に兵器が使われないことを願いたいです。

 純粋に機能美という点でみると戦艦や戦闘機などは優れてますね。
 きれいに磨かれた日本刀などはゾクッとする美しさがあります。

 究極の機能重視で無駄なものを省いたデザインが魅力的に見えるのでしょう。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




町内会の役員になって / 美しくを課題についてパート3

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年08月29日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は藤森が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    町内会の役員になって

 <<2>>技術コラム
     美しくを課題についてパート3

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(藤森)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 町内会の役員になって

 本年1月1日より、町内の長になりました。(12月31日までの1年間)
 長の役割は、町内会議の開催(必要時)、区会議の出席、その他会議
 の出席(4会議)、地区行事の参加、市等からの配布物を各戸への配布
 等、様々な仕事があります。

 皆様のお住まいになっている、地区では、どんな感じですか

  
 ■行事内容
   町内行事:新年会、お花見会、祇園祭、ボランティアの会、忘年会
   町内会議:次年度の役員選出、その他必要時開催、行事準備の役員会

   地区行事:スケート大会、レディースバレーボール大会、盆野球大会
        地区運動会、ソフトボール大会、地区文化祭
    
 各行事及び、会議については、役割分担がありまして、担当を決めて
 おります。
 町内会行事は運営委員で、主に活動、地区行事は専門部を設けて、主と
 なり活動を行っています。

 特に凄いと感じているのは、地区行事には60数回を数える物があります。
 ここまで来ると、伝統行事になりますね。

 今町内で問題になっていることは、高齢化の問題です。
 約半分が70歳以上の家庭である為、今後どの様に運営して行くかが課題
 となっています。・・・・

  
 ■長になっての感想

 就任時は、とても不安でしたが、4ヶ月たった頃から大分要領が判る様
 になりました。今は楽しく行っています。

 町内はもとより、地区内の様子が良く分る様になたところで(大雑把)
 後半戦なります。気を引き締めて取り組んでいきます。

 何事にも挑戦し、自分が楽しんでする事が一番ではないかと思います。
 最後の忘年会が楽しみです。


 ■湖上花火大会
 ちなみに8月15日に、諏訪湖の湖上花火大会がありました。
 観覧者はなんと、約4万8千人だそうです。また、花火は約4万発。
 一番の見どころは、水上スターマイン(3尺玉)の公演です。

 迫力のある音が、お腹に響きます。
 興味のある方はいかがですか。(来年)

     
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(藤森)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■前回に続いて、美しくを課題にパート3

 今回は見た目重視の1例を取り上げます。
  
 井上製作所様から、コーヒーリードミル型番:RG05-SE(電装部)
 の製作依頼がありました。
 http://www.inoue-seisakujo.jp/products/05se/05se.html

 仕様としまして、外観をステンレスで無地とのこと。

 標準色:板金に赤系の塗装を施していますが・・・ステンレスに難題      

 早速に加工屋さんと相談した。
 結果、現状の指定板厚では、ゆがみ等が発生するとのこと。
 「ではどの位の板厚でしたら可能か?」と相談し、検討して頂きました。
   
 結果的に設計変更となりました。外観図寸法は変更なしです。

 加工が出来上がり、仕上がり良好、光沢が素晴らしい。

 早速本体組み込み開始。
 汚れないように丁寧に扱いました。
 まるで鏡のようです。客先の方も大変喜んでいただきました。

 実は、現在、旧タイプのコーヒーリードミルを使用して頂いておりますが
 今回、追加で購入して頂いたとのことです。有難うございます。

 板厚を0.3mm厚くしただけでも、扱い方が変わるものですね。
 勉強になりました。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

編集後記(柴田)

 8月15日の湖上花火大会は雨模様で少し残念でしたね。
 でも大丈夫です。9月2日に新作花火大会があります。

 湖上花火大会ほどではありませんが、それでも打ち上げ数が約18,000発で
 人手が約30万人ですから大きな花火大会です。
 この夏、花火大会に行けなかった人はぜひどうぞ。
 http://www.suwako-hanabi.com/shinsaku/35th_top/index.html


 イベントの紹介ついでに蓼科高原映画祭を案内します。
 http://www.tateshinakougen.gr.jp/cinema/lineup.html

 今回は20回目ということで普段よりも上映数が多くなっています。
 また期間も9月16日~24日と長くなっています。

 ゲストも多いようなので楽しみです。
 このあたりでロケをした「バースデーカード」の橋本愛さん(主演)も
 9月24日に来るようですね。
 http://www.birthdaycard-movie.jp/

 
 あれ、上諏訪街道呑みあるきが9月23日(土)で映画祭にかぶってますね。
 http://nomiaruki.com/breweryhopping/


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●





F=mαその後 / ロボットハンドについて(2)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年7月25日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は社長の守本が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    F=mα・・・その後とブームについて  
 
 <<2>>技術コラム
    ロボットハンドについて・・・その後(2)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(守本)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■F=mα・・・その後ブームについて

 しばらくは続きましたが1月に入ってから体調不良になりパワープレートか
 ら遠ざかってしまいました。

 そのあとも調子が良くなったり悪くなったりで振動する台に乗ることは
 ありませんでしたので、F=mαの検証は出来ず仕舞いです。 
 
 テレビショッピングでは、体を楽して鍛えウエストを驚異的に細くしたり
 たるんだお腹を引き締める器具が手を変え品を替え毎年登場します。

 我が家にも妻が購入し1週間使った後は場所ふさぎになった器具が2、3台
 ありましたが粗大ごみとして処分してしまいました。

 楽して体を鍛える器具はどれもその時限りのブームで、まるで半年限りの
 ピン芸人のようです。

 このブームを生き残ったモノだけがほんものといえますがまれにしかいま
 せん。
 
 体を鍛える器具も同じでロングセラー商品はバーベルやダンベルなどどれも
 楽な器具ではありません。

 楽して体を鍛えることなどできないのが真実でしょう。

 筋肉が少し痛くなるほどの負荷をかけ、それを毎日続けることで体幹を鍛え
 腰痛防止とメタボの解消をはかるのが当面の課題です。 

 一番お手軽なスクワットから初めています。
 もう少し体調が回復すれば毎朝登山を始める予定です。

 F=mαも体のバランス感覚を養うにはよさそうなので取り入れていきたいと
 思っています。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(守本)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■ロボットハンド・・・その後(2)

 ハンドは、駆動機構を除きすべて3Dプリンタで製作することにして指開閉
 のメカニズムは完成しましたが手首の振りと曲げが難しく、思案中です。

 2リットルのペットボトルを持って動かすためには相当のトルクが必要で
 難しいところです。

 ロボット展まであと4か月半なので少し焦っていますが何とかやっつけ
 なければ前に進みません。

 センサといえば指先につける予定の感圧センサを購入したのですがその後、
 メーカーから「単体販売では事業としてやっていけないのでシステム販売に
 切り替える」という案内がきました。

 確かに1個千円程度の特殊なセンサーを単品販売してもビジネスとしては
 無理があると思います。

 しかし力制御するにはその開始のトリガとしてどうしても必要な部品です。
 
 次回のブログではロボット展の様子を紹介できればいいのですが・・・ 


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

編集後記(柴田)

 弊社で購入したパーソナルパワープレートですが、よく利用しています。
 http://power-plate.co.jp/

 新しくスポーツを始めたこともあり、最近は主にボロボロの体のケアに利用
 しています。
 パワープレートはマッサージやストレッチにも使えるというのが良いですね。


 新しくスポーツを始めると、「こんなところにも筋肉があったか!」と
 気付きますね。いたるところが筋肉痛です。

 筋肉を修復するときに”成長ホルモン”がよく分泌されるようですので、
 これぐらいの運動は体によいのかもしれませんね。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




ボストン / コーヒー焙煎機制御ソフトウェア

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年6月19日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は柴田が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
     ボストン

 <<2>>開発例
     コーヒー焙煎機制御ソフトウェア

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ボストン

 先日仕事でボストンへ行ってきました。
 空き時間が1日できたので、ボストンの街を歩いてきました。


 ■MIT(マサチューセッツ工科大学)

 ボストンには理系で世界のトップに位置するMITがあります。

 どんなところか一度くらいは見てみたいと思い行ってきました。
 とは言え知り合いがいるわけでもなく、研究室には入れないので
 生協で息子たちのお土産を購入しただけでした。

 アメリカにしてはセンスの良いこんなTシャツを購入しました。
 http://livedoor.blogimg.jp/jobbb_boston/imgs/7/5/7555e23f.jpg


 ■MIT Museum

 MITの研究成果を紹介している博物館です。
 https://mitmuseum.mit.edu/exhibition/robots-and-beyond-exploring-artificial-intelligence-mit

 MITで開発されたロボットやホログラフィー,高速カメラなど実物展示の
 ほかに実際に自分で動かせたりします。

 理系人間が行くととても楽しめると思いますよ。


 ■ボストン美術館

 アメリカで有数の美術館です。
 巨大です。一通り歩くだけで半日かかります。
 http://www.mfa.org/

 美術には詳しくないのですが、「モネ」の部屋では目を奪われました。
 モネの作品が10数点ずらっと並んでいます。

 「ラ・ジャポネーズ」は見とれてしまいましたね。
 https://www.roomie.jp/2013/07/87989/


 関心したのは展示方法です。日本の美術館のように柵などありません。
 学芸員さんが近くで見張っているわけでもありません。
 だれでも触ろうと思えば触れます。(もちろん触ってはいけません)

 パンフレットには一応「何インチ以上近づいてはいけない」と書いて
 いますが大丈夫なのでしょうか?

 このあたりは寛容なのか、大雑把なのかよくわかりませんね?



 その他にもハーバード大学やバークリー音楽大学,小澤征爾さんが音楽
 監督を務めていたボストン交響楽団もあり、ボストンは学術と芸術の街
 ですね。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>開発例
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 コーヒー焙煎機制御ソフトウェア

 藤森が以前紹介したコーヒー焙煎機の制御ソフトウェアの部分について
 紹介します。
 http://ts1781.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

 弊社では井上製作所様の焙煎機制御ソフトウェアを開発してます。
 http://www.inoue-seisakujo.jp/


 2年前に全自動のコーヒー焙煎機を開発しました。
 先日この焙煎機ソフトウェアのアップデートに行ってきました。

 この制御ソフトウェアは珈琲キャロットの社長さんの思いがたくさん
 詰まったソフトウェアです。
 http://www.coffeecarrot.com/
 (私の仕事をしている痕跡が残っています。見つけられるでしょうか?) 

 この焙煎機の詳しい制御内容は書けませんが、たぶん世の中に同じ制御を
 行っている焙煎機は無いと思います。

 普通の自家焙煎のお店では職人の感覚で焙煎されていると思います。
 このソフトウェアでは感覚に頼っていた焙煎をだれでも再現できることを
 目的としています。

 このソフトウェアと焙煎する職人が作成した”レシピ”を使うことで感覚
 に頼らずに、だれでも同じ焙煎が可能となります。

 職人が作成した”レシピ”がそれぞれのお店の特徴となり財産となります。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記

 久しぶりに弊社敷地内で”キジ”を見かけました。しかもつがいです。
 鳴き声は毎朝きこえるのですが、姿は久しぶりにみました。

 カッコウも最近良く鳴いていますね。

 のどかです・・・


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




小布施 / IO-Link

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年5月11日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は村山が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
     小布施に行ってきました
 <<2>>技術コラム
     Industry 4.0の一端を担うIO-Link

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(村山)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 小布施に行ってきました


 高速(上信越道)の小布施ハイウェイオアシスには折ある毎に立ち寄って
 いましたが、期間限定お持ち帰り不可のモンブランがかなりの人気との噂を
 聞いて一度は食べてみたいと思っておりました。
 (テレビ番組でも紹介されたようです。)


 新潟からの帰り道、少し時間があったので小布施ハイウェイオアシスで
 休憩を取った際、小布施町内の周遊バスを利用しモンブランを食べに行こう
 と案内所で教えてもらったら既に期間終了。

 またバスの時間も合わず諦めて焼き栗を購入しようとしたら長蛇の列。
 こちらも残念ながら諦めて帰ることにしました。

 ところがハイウェイオアシスからPAへ出た所で焼き栗を売っており、なぜか
 お客さんがいません。
 チャンスと思い急遽そこで焼き栗を購入。車の中で食べようと袋を見ると
 なんと栗の生産地が丹波でした。

 離れた所で販売しているとは思いましたが疑いもせず、まさか小布施以外
 の栗を使用しているとは思いませんでした。


 妻と娘がモンブランを諦めきれず、時期外れでしたが後日改めて小布施へ
 行きました。

 目的はモンブランです。
 案内所で別のお店を教えてもらいそこで食べました。

 妻と娘はとても美味しいとモンブランを含め2人で5個も食べていました。
 私も 1個+@を食べたのですが後から胸やけに見舞われ1個でよせばよかっ
 たと思っています。

 今度は旬の期間限定モンブランを機会があれば再挑戦してみたいと思って
 います。


 小布施ハイウェイオアシスの農産物直売所では果物、野菜がお安いです。
 近くを通ることがあればぜひ寄ってみてください。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(村山)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 Industry 4.0の一端を担うIO-Link

 Industry 4.0の位置付けとしては以下の第一次~三次に続く第四次の産業
 革命として捉えられており、

  ・第一次 蒸気機関の活用による「機械化」
  ・第二次 電力の活用による「大量生産」
  ・第三次 コンピュータの活用による「自動化」

 IoT (ネットワーク接続)等を利用し、個々の要求を最適タイミングで
 リアルタイムに生産を可能とするような仕組みの実現を目指しています。

 前述のIndustry 4.0に伴いセンサーやアクチュエータからも通常の
 プロセス信号以外に診断データを始めとする詳細なデータを取得したい
 との要望から2013年に規格化された IO-Linkは旧来のセンサーやアクチュ
 エータとは異なり通信機能を持たせたセンサーやアクチュエータ
 (IO-Linkデバイスと呼ばれます)との通信技術規格です。

 信号はIO-Linkマスターを介してフィールドバスへ接続できます。
 旧来の入出力信号(センサーやアクチュエータ等)はアナログやデジタルの
 違いにより配線方法が異なりましたが IO-Linkデバイスは基本的に
 デジタル入出力、アナログ入出力とも汎用の3芯非シールドケーブルで接続
 するため複数のケーブルの準備が不要です。

 また旧来のデジタル入出力はそのまま、アナログ入出力もアナログ
 アダプタ(アナログ信号⇔IO-Link信号変換器)を介しIO-Linkマスターへ
 接続でき、IO-Linkデバイスと混在も可能です。

 したがって既存システムからの変更も容易です。


 その他の特徴としては以下の通りです。
 ・ケーブル断線、デバイスの故障、生存等を上位装置で診断情報として個別
  に確認できるため予防保全が可能。

 ・異なるIO-Linkデバイスの接続を検知できるため誤接続を防げる。
 
 ・上位フィールドバスとは独立した構成となっているため、それぞれの
  フィールドバス(ProFinet, Profibus, EtherNet/IP, EtherCAT, DeviceNet,
  CC-Link IE, CC-Link, Modbus TCP 等)に対応したIO-Linkマスターを選択
  することにより上位ネットワークへ接続が可能。

 ・IO-Linkデバイスの種類がまだ少ない。

 ・IO-Linkデバイスの価格が若干高価。

 ・国内メーカの対応がまだ少ない。

 ・立ち上げ時に設定作業が必要。
  ただし旧来の入出力デバイスも設定が必用なため工数にあまり差は無い
  かもしれません。

 ・規格化から数年しか経過していないが使用された IO-Linkノード数の増加
  割合が高い。
  ただし世界規模の統計によるものなので国内実績はまだまだではないで
  しょうか。ただ国内大手の自動車メーカで[EtherCAT]とともに導入を
  決定した等のニュースもありました。


 [IO-Link協会]の日本支部が設立されるようで4月から活動開始のようです。

 ハードの進歩もさることながら運用ソフトのアイディアがとても重要になっ
 てきます。

 他力本願ではいけないのですが、新技術により我々が想像しなかったような
 アイディアが生み出されるのではないかと期待しています。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 少し前ですが弊社のフォースプレートがメディアの記事に載っています。
 http://www.tech-s.co.jp/Product/Product1/Unit5.html

 ソフトバンクホークスで動作解析に使用されていたり、
 http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/306415

 大阪大学でケガの予兆システムの研究に使用されています。
 http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/10/1011.html?utm_int=detail_contents_news-link_001
 上から2/3あたりで江里口選手が乗っているのが弊社のフォースプレートです。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。