インフルエンザ / 負荷制御耐久試験装置

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2018年2月19日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は柴田が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
     インフルエンザ

 <<2>>開発例
     負荷制御耐久試験装置

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(柴田)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 インフルエンザ

 久しぶりにインフルエンザに感染しました。


 今回のB型インフルエンザはくせ者ですね。

 大した熱がでないので”普通の風邪かな?”と思っているうちに時間が
 経過し、抗インフルエンザ薬を投与するのが遅れます。

 ”普通の風邪かな?”と思っている人がインフルエンザをばら撒いている
 側面もありますね。私も妻にインフルエンザをうつしてしまいました。


 子供たちが受験期にはインフルエンザの予防接種をしていたのですが、
 ここ数年はさぼっていました。

 凡人なので感染した後で”予防接種しとけばよかったなー”なんて反省
 しています。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>開発例(柴田)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 負荷制御耐久試験装置

 モータなどの回転型アクチュエータを試験する装置です。
 通常はパウダーブレーキで負荷を制御しますが、製作した装置ではDDモータ
 を使用しました。


 [試験対象アクチュエータ] <-> [トルクメータ] <-> [DDモータ]


 トルクメータからのフィードバックを使いDDモータで任意のトルク(負荷)
 が試験対象に加わるように制御します。


 パウダーブレーキを使う場合と比較して以下の利点があります。

 ■高速応答
   トルクを高速に制御できるので、任意の負荷トルク波形を試験対象
   に加えることができます。

 ■停止時でもトルクを加えられる。
   停止時や低速時でも安定して負荷を加えることができます。

 ■電力を回生できる。
   パウダーブレーキでは負荷エネルギーを熱に変換しますが、DDモータ
   では電力として回収できます。ドライバに回生機能がついていれば、
   熱を発することなく電力を電源に戻すことができます。


 今回の装置ではお客様の要求するトルク波形がけっこう複雑な波形でしたが、
 ほぼご要求通りにトルク負荷を加えられる装置が出来上がりました。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 やりました!
 茅野市出身の小平奈緒選手スピードスケート500mで金メダルです。

 同じ日本人として長野県民としてまた茅野市民として誇らしいですね。

 また小平奈緒選手をサポートしてきた相澤病院も素晴らしいですね。
 病院という組織にとってマイナースポーツをサポートするメリットはあまり
 無いように思いますが・・・

 理事長の本物を見極める目と本物を支援したいという心意気があったの
 でしょう。



 長野県にはウィンタースポーツを支援する企業がほかにもありますね。
 ■三協精機
  昔からスケート部があり多くの名選手を輩出してきました。
   清水宏保,加藤条治,長島圭一郎,高木菜那

 ■北野建設
  スキー複合の荻原健司選手またモーグルの上村愛子選手が所属していた
  ことで有名ですね。
  複合の渡部暁斗選手やジャンプの竹内択選手が所属しています。



 長野県には世界を相手にする企業がたくさんありますが、このような企業
 こそマイナースポーツではありますが、世界一を目指すアスリートを支援
 してほしいですね。

 国内のメジャースポーツをサポートするより世界に対する費用対効果は
 大きいのではないでしょうか。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム