雪の壁 / モーター駆動ドライバについて

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2018年05月21日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は藤森が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    雪の壁
 <<2>>技術コラム
    モーター駆動ドライバについて

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(藤森)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■ 雪の壁

 昨年の5月の話ですが、黒部ダムへ私、妻、義理母と義理母の友達1人と
 黒部ダムへ行きました。
 
 シーズン初めでしたので、そんなに人は多くありませんでした。
 
 日本唯一のトロリーバスに乗車して、黒部ダムの見ながらロープウェイに
 乗って山頂へ。雪の大谷を見学し、一番高いところでは、道より15m位
 ありました。雪の壁状態です。

 このはハイキングコースになっています。
 壁を良く見ると積雪の層が幾重にもなっていました。
 その時の積雪量が判ります。

 なんとも素晴らし光景です。
 また、山頂に近いこともあり、スキー、スノボーで、楽しんでいる人もい
 ました。
 
 天候に恵まれて晴れの良い天気でした、まだ寒かったです。
  
 機会があれば、是非もう一度、行って見たい場所です。
 ちなみに私は初めてでした。
     

 ●豆情報  

 トロリーバスは昭和39年(1964年開業)し、今年で54年目を迎え
 ますが、本年が最後の運行になるそうです。

 同じ電気で動きますが、充電式に代わるそうです。
 また、乗車中は、観光案内があり、当時の工事の様子を説明しています。
 とても、難工事だったそうです。
  
 バスからおりて、ロープウエイまでは、徒歩にて向かいます、途中黒部第四
 ダムを経由していきますが、高所恐怖症のひとは、真ん中を歩いたほうが良
 いと思います。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(藤森)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■モーター駆動ドライバについて

 近年のモーター駆動用ドライバは実装スペースを極端に抑えた製品があり
 ます。
 最近お客様からの依頼にて製作いたしました事例を紹介したいと思います。

 以前から放熱板に部品を実装し、小型化と放熱効果を施した製品はありま
 したが、あまり世の中では見受けられませんでした。

特徴として
 1、入力電源がDC電圧である
入力電圧範囲は24V~48V電圧となっているため、状況に応じて 
   モータ等の選定が比較的楽ではないかと思います。
  (仕様を確認する必要があります)

 2、選定範囲が広いので、初期段階にてモーターを決める必要がある。

 3、基板タイプである為、実装スペースがコンパクトである。
   但し使用条件によっては放熱対策が必要。

 4、I/Oの割り振りが自由。
   パラメータの設定により自由に決めることができる。
   但し仕様を確認しながら決めていくので、初期の段階にて決定した方
   が設計効率が良いかもしれません。

 実際に設計し、駆動してみました。
 なかなかの優れものですね、コンパクトにまとまりました。
   
 コンパクトである為に苦労することもあります。
 パラメータの入力方法がメーカーによって異なる為、取扱説明書を見ながら
 思考錯誤し、実際に駆動させながら試します。
  
 利点は小型である為場所を取らない。
 但し放熱に注意が必要です


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

編集後記(柴田)

 春は観光によいシーズンですね。
 仕事で京都に行く機会があり少しだけ散策してきました。

 清水寺は外国人で大混雑でしたね。
 貸衣装の着物を着た外国人がイッパイでした。

 有名な観光地は人ばかりでちょっと風情が無いので、すこしマイナーな
 竜安寺にも行ってみました。
 http://www.ryoanji.jp/smph/

 竜安寺は落ち着いていてよかったです。
 今の季節は青紅葉が最高にキレイです。

 池の睡蓮もちょうど花が咲いていてモネの絵画のようで素敵でしたね。
 http://www.ryoanji.jp/smph/guide/index.html
 http://collection.nmwa.go.jp/P.1959-0151.html

 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム