無灯火 / 図面

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年12月04日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は守本(裕)が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    無灯火
 <<2>>技術コラム
    図面

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――


 「無灯火」


 12月となり、徐々に寒くなってきました。
 長野でも雪がちらほら舞ってきています。
 
 最近では日の入も早くなり、うす暗くなるのが早くなりました。
 それにつれ、暗い時間に運転する機会が多くなってきます。
 
 夜間の運転時にはライトを点灯すると思います。
 しかし、夕暮れ時のややうす暗い程度の時はどうしているでしょうか。
 体感ですが、5割くらいが無灯火で走行しています。
 
 たまにですが夜間でも無灯火で走行している車があります。
 急に暗闇から現れてビックリしたと同時に恐怖を感じました。
 あのときは事故に遭わなくて良かったです。
 
 以前の私はうす暗い程度ではライトを点灯していませんでした。
 「自分が見えるからライトを点けない」で走行していました。
 ですが、自分が見えていても相手から見えているとは限りません。
  
 明るさの感じ方は人それぞれ。
 最初はライトを点けている車を見かけたら自分も点ける程度でも良いです。
 
 早めの点灯で夜間の運転時は特に安全走行を心がけたいものです。



○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――


 「図面」


 製品を作る上で図面は必要不可欠なものです。
 外観図、実装図、加工図、配線図、等々。
 
 文章だけの説明より図があった方が理解しやすいと思います。
 やはり形を目で見てイメージできることは大きなメリットです。
 
 
 そんな重要な要素である図面を描くときに意識することは

 『製作者以外の人間が見ても理解できる』

 これに尽きます。
 
 
 図面製作中は常に他人が見ても理解できるか考えます。
 これは自分の理解を深めることにも繋がる重要なことです。
 自分で理解できない図面が他人に理解できるはずはないのです。
 
 ただ、最初から完璧な図面ができるわけではありません。
 急な仕様変更、記入漏れや記入ミス、修正をする機会はたびたびあります。
 そういった変更点を図面に反映させることを忘れてはいけません。

 「自分が覚えていればいいや」という考えは非常に危険です。
 その時は覚えていたとしても、ずっと覚えていられるということはありません。
 何より、図面にないことを他人が理解できるはすがないですよね。
 必ず記録に残しておきましょう。
 
 図面は製作者本人だけが見るわけではありません。
 誰でも理解できるように、と意識を持つだけでいいのです。




●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)


 またまた熱燗の旨い季節となりました。

 まだ先のイベントですが「諏訪の呑みあるき」が次回は2日間となりました。
 http://nomiaruki.com/breweryhopping/

 一日あたりの人数を制限して2日間にしたようです。
 狭い歩道しかない国道の両脇をヨッパライがふらふらして危険なので
 人数制限したようですね。

 1日目は平日ですね。
 もし当日、私が会社を休んでいたら察してください・・・


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム