横須賀軍港めぐり / 品質管理アプリケーション

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年10月17日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は望月が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    横須賀軍港めぐり
 <<2>>開発例
    リレーショナルデータベースを利用した品質管理アプリケーション

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(望月)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 横須賀軍港めぐり

 先日、小学校4年生になる親戚の子が戦艦に興味を持ち出したというので、
 横須賀に戦艦三笠を見につれていきました。
 
 ちなみにうちの二人の娘はまったく興味がないようなので、その間親戚の子
 とうちの子をトレードしました。

 三笠の主砲はとても迫力のある大きなものでした。
 現代の軍事技術であればこんなに大きな弾丸は必要ないため、逆にここまで
 口径の大きな砲塔が見れる船はないのではないかと思います。


 ついでのつもりで横須賀の軍港めぐりツアーというものに参加してみました。

 幸か不幸か、丁度近隣の国の情勢が不安定になっていた事もあり、横須賀港
 には非常に多くの軍艦が寄航していて、親戚の子は大興奮でした。

 ツアーガイドさんが「本日のお客様、非常にラッキーです」と言っていた
 程です。

 実際に運用されている潜水艦を始めて肉眼で見られましたし、アメリカの
 空母ロナルドレーガンも丁度オーストラリアから戻ってきていました。

 ロナルドレーガンは東日本大震災の復興に参加して東北に派遣されていた
 ニュースくらいしか知りませんでしたが、実物は町一つ分くらいの人間を
 収納できそうなとんでもない大きさでした。
 
 また、自衛隊のイージス艦が数隻、レーザー艦などなじみの薄いものも
 見る事ができました。

 戦艦三笠はそれはそれで面白いものだったのですが、ついでのつもりだった
 こちらもなかなか貴重な体験となりました。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>開発例(望月)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 リレーショナルデータベースを利用した品質管理アプリケーション

 最近の案件で、複数装置の測定結果を自動収集した上で正規分布化し、
 日替わりでグラフ表示するというアプリケーションを作成しました。


 一日で数百件、年間で数万件以上に及ぶ測定データを管理するにはCSV
 ファイルなどへの保存では少々大きすぎます。
 
 また、収集対象がローカルの装置ではなく、複数台にわたる測定装置の
 場合、データアクセスの取り合いが難しい問題となります。

 こういったケースで有効なのがデータベースです。


 さらに、リレーショナルデータベースであれば複数データ間では共通と
 なるような情報、例えば別の日に測定したそれぞれの結果に対して
 測定条件は同じなどの場合、測定結果そのものと測定条件を別テーブル
 で管理し、それぞれのテーブルを固有IDで関連付ける事でデータ容量の
 削減やアクセス時間の短縮にもなります。

 測定装置として単純な測定結果の規格値に対する合否はもとより、昨今
 では品質管理の観点から測定結果の日々の傾向から製造ラインの異常を
 事前に判断するような必要があり、今後このような形のアプリケーション
 の要求は増加するものと思います。

 また、こういったシステムであれば、合格品ではあるが潜在的な不具合
 をもつ2次不合格品を出荷前に検出できる事があります。

 これは現状では単なる正規分布による判断ですが、膨大な収集データを
 生かし、将来的にはマシンラーニング手法による判定等も視野に入れる事
 が可能かと思います。

 今回作成したアプリケーションでは、測定装置の各クライアント側には特に
 データベースの導入を行なわず、サーバー側がネットワーク経由で測定
 データを収集し、データベースに保存する構成をとっております。

 この形であれば、既存の装置であってもネットワーク接続された環境で
 あれば、データサーバ側が勝手にデータ収集し、各データフォーマットを
 理解してデータベースに落とし込ませる事で測定結果のデータベース化が
 可能となります。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 軍事機器(兵器)は戦闘の道具という事で、個人的には怖く感じます。
 実際に兵器が使われないことを願いたいです。

 純粋に機能美という点でみると戦艦や戦闘機などは優れてますね。
 きれいに磨かれた日本刀などはゾクッとする美しさがあります。

 究極の機能重視で無駄なものを省いたデザインが魅力的に見えるのでしょう。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム