スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F=mαその後 / ロボットハンドについて(2)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年7月25日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は社長の守本が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    F=mα・・・その後とブームについて  
 
 <<2>>技術コラム
    ロボットハンドについて・・・その後(2)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(守本)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■F=mα・・・その後ブームについて

 しばらくは続きましたが1月に入ってから体調不良になりパワープレートか
 ら遠ざかってしまいました。

 そのあとも調子が良くなったり悪くなったりで振動する台に乗ることは
 ありませんでしたので、F=mαの検証は出来ず仕舞いです。 
 
 テレビショッピングでは、体を楽して鍛えウエストを驚異的に細くしたり
 たるんだお腹を引き締める器具が手を変え品を替え毎年登場します。

 我が家にも妻が購入し1週間使った後は場所ふさぎになった器具が2、3台
 ありましたが粗大ごみとして処分してしまいました。

 楽して体を鍛える器具はどれもその時限りのブームで、まるで半年限りの
 ピン芸人のようです。

 このブームを生き残ったモノだけがほんものといえますがまれにしかいま
 せん。
 
 体を鍛える器具も同じでロングセラー商品はバーベルやダンベルなどどれも
 楽な器具ではありません。

 楽して体を鍛えることなどできないのが真実でしょう。

 筋肉が少し痛くなるほどの負荷をかけ、それを毎日続けることで体幹を鍛え
 腰痛防止とメタボの解消をはかるのが当面の課題です。 

 一番お手軽なスクワットから初めています。
 もう少し体調が回復すれば毎朝登山を始める予定です。

 F=mαも体のバランス感覚を養うにはよさそうなので取り入れていきたいと
 思っています。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(守本)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 ■ロボットハンド・・・その後(2)

 ハンドは、駆動機構を除きすべて3Dプリンタで製作することにして指開閉
 のメカニズムは完成しましたが手首の振りと曲げが難しく、思案中です。

 2リットルのペットボトルを持って動かすためには相当のトルクが必要で
 難しいところです。

 ロボット展まであと4か月半なので少し焦っていますが何とかやっつけ
 なければ前に進みません。

 センサといえば指先につける予定の感圧センサを購入したのですがその後、
 メーカーから「単体販売では事業としてやっていけないのでシステム販売に
 切り替える」という案内がきました。

 確かに1個千円程度の特殊なセンサーを単品販売してもビジネスとしては
 無理があると思います。

 しかし力制御するにはその開始のトリガとしてどうしても必要な部品です。
 
 次回のブログではロボット展の様子を紹介できればいいのですが・・・ 


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

編集後記(柴田)

 弊社で購入したパーソナルパワープレートですが、よく利用しています。
 http://power-plate.co.jp/

 新しくスポーツを始めたこともあり、最近は主にボロボロの体のケアに利用
 しています。
 パワープレートはマッサージやストレッチにも使えるというのが良いですね。


 新しくスポーツを始めると、「こんなところにも筋肉があったか!」と
 気付きますね。いたるところが筋肉痛です。

 筋肉を修復するときに”成長ホルモン”がよく分泌されるようですので、
 これぐらいの運動は体によいのかもしれませんね。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




スポンサーサイト
プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。