スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F=mα /ロボットハンドについて(その後)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2016年11月23日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は社長の守本が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
     F=mα
 
 <<2>>技術コラム
     ロボットハンドについて(その後)

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(守本)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 F=mα (力 = 質量 x 加速度)

 先月、弊社では「パーソナルパワープレート」を購入しました。
 http://www.power-plate.co.jp/personal/


 これは上下、左右、前後に振動する台に乗って筋力を鍛えたり筋肉をほぐし
 たりする装置です。

 わたしは知らなかったのですが既にスポーツジム用の大型の装置があり、
 それを小型化したものでした。
 価格も手ごろなので社員の福利厚生のために購入しました。



 振動する台に乗っているだけで本当に筋肉が鍛えられるの?と疑問に思い
 その意図するところをホームページの紹介記事で調べてみました。
 するとそこにはF=mαの式がでてくるのです。
 
 通常、筋力トレーニングはおもりを持ち上げたり、体をおもり代わりにして
 筋肉に負荷を与えます。

 これはα(加速度)が一定の場所でm(質量)を大きくしてF(力)を
 大きくすることです。

 mが一定ならばα(加速度)を大きくすることでFを大きくすることも出来
 るわけです。

 なるほど、台に重力加速度より大きな振動をあたえればFが大きくなる理屈
 です。納得しました。



 宇宙に長期間滞在した宇宙飛行士が帰還した時、両足を抱えられて降りて
 きます。

 大事を取って抱えられているのだろうと思っていましたが実は無重力の
 宇宙生活で脚の筋肉が衰え歩けないのだと知りました。



 効果のほどはこれから検証ですが毎日台の上に乗り実践しないとわかりま
 せん。

 一つのトレーニングで30秒間、台の上に乗っているだけなのですが今の
 ところ3日に1回くらいしか実行できていません。

 何が難しいと言って続けて行うことが一番難しいのです。


 次回のブログでその効果のほどを報告できるよう頑張ります。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(守本)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ロボットハンド・・・その後

 前回のコラムでは新しいロボットハンドを開発する計画があることをお話し
 しました。

 ものをつかむのでどうしても力制御が必要と考えまずは力センサを開発する
 ことにしました。
 
 試験段階ですが指と手首にかかる力を検出するセンサは出来ました。



 つぎは腕を動かす専用のアクチュエータが必要です。

 市販のモーターと減速機の組み合わせでは人型ロボットの関節アクチュエー
 タとしては満足ゆくものになりません。

 目指すはホビー用ロボットのように電力線と通信線をシリアルにつなげて
 ゆくだけの省配線のアクチュエータです。

 これも新たに設計してアクチュエータはできましたが肝心のドライバが、
 担当者業務多忙のためできていません。



 先日、懇意にしていただいている大学の先生に来年のロボット展へ出展する
 内容をお話しし協力をお願いしてきました。

 1台のロボットがトレイに入っている収穫したいちごを掴み、動いている
 いちご選果機のトレイに載せます。

 もう一台のロボットが選果されたいちごを箱詰めします。
 その隣で人が箱詰め作業をします。

 こんなデモをあと1年のうちに実現しロボット展へ出展する計画です。


 
 1秒タクトで動いているトレイにランダムおかれたいちごを、傷つけない
 ようにそっと掴んで載せることは技術的にハードルが高く、2台も人型
 ロボットを作ると費用もかなりかかります。

 そこで他にも協力をあおぎ、部品もできる限り3Dプリンタで作ろうと
 考えています。


 次回のブログではどの程度進展しているかお楽しみに。 


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 守本がブログで紹介したパワープレートですが、こんな感じで使ってます。
PowerPlate2
PowerPlate1


 私も、来るスキーシーズンに備えて毎日パワープレートを使っています。
 バランス能力の向上と筋力アップを期待しています。


 ただし、今のところのお気に入りはトレーニングのあとのふくらはぎ
 マッサージだったりします・・・・超気持ちいいです。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




スポンサーサイト
プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。