春/美しくを課題に

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2016年04月13日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は藤森が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
     春
 <<2>>技術コラム
     美しくを課題に

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■春


 寒さも和らぎ、暖かくなり始め、桜の便りも聞かれ始めました。
 満開の所もあるようですが、ここの桜はまだです・・・

 ここでは梅が咲き始めています。
 桜は4月後半になるかもですが、数日間の暖かい陽気か続き咲き始めて
 いる所もある様です。今年は少し早い様です。


 4月は、事の始まりですね。新入生、会社員初々しいですね。
 
 先日は中学校の入学式に行ってきました。
 最近では夫婦で出席される方が多くなりました。

 非常に良いことだと思います。
 お子さんが入る学校はどんな所か一目見ることも大事だと思います。


 
 ■観光案内 御柱祭り

 今年の諏訪の平は諏訪大社御柱祭一色となっています。

 木落としは豪快に、川越しでは御柱を水に濡らしてお清めます。
 それで上社の山出し祭は終わりです。

 里引きまでの約1ヶ月は御柱休めといって、御柱屋敷にて休んでいます。
 8本の柱が並んで見れるのはこの時だと思います。
 興味のある方は是非ご覧になってください。

 この間に上社では柱の皮をむきます。(しない柱もあります)
 御柱を綺麗にしてから、里引き祭の準備をします。

 各お宮に6年間立っていた御柱は、山出しが終わると御柱休めとして役目
 を終え倒されます。


 私の地区の担当は前宮一の御柱です。
 大きさで言うと本宮一の次に大きな柱です。(なんと推定重量13t)

 私の地区は綺麗な曳航をすることで有名です。
 大曲と言ってS時でしかもクランクになっているカーブの曳航や、左右
 バランスの良い木落とし、また川越しも木落としと同じですとにかく綺麗
 に曳航します。

 私の係は元綱で、仕掛け担当をしています。
 柱が進む進路はほとんど元綱で決まります。
 全員の息が合わないと進みません。進む方向に予め引っ張って行きます。

 苦労したことは・・・・
 川越しの後の片付けですが、何トンもの力で結ばれた縄を外すのに苦労
 しました。
 最後は縄を切りましたが、後日新しい物と変える予定です。


 ■観光案内 高遠の桜

 桜の名所として、このあたりでは長野県伊那市高遠町の高遠城址公園の
 タカトウコヒガン桜が有名です。
 公園一帯が桜で一杯になります。
 ここでしか見られないそうです(もう満開ではないかと思います)
  

○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■美しくを課題に

 最近は「見た目でも美しく」を課題に取り組んでいます。

 特にケーブルのとり回しですね。
 なるべく見えない様に工夫しています。
 機械設計者との共同作業となります。

 特に難しいのは旋回部分ですね。
 旋回した時のケーブルの癖を知ることが大事ですね。
 癖が分からないとケーブルがばらばらになってしまします。

 思う様に出来ないとついカバーにて見えなくすれば良いと考えてしまい
 ますが、中に入るケーブルは変わりませんし、外観も美しくなりません。
 しっかりケーブルの癖を見極めます。


 ケーブルとり回しの注意点など

 1.中継用コネクタをどの部分にて施すかで、ケーブルの屈曲性が
   変わります。

 2.メンテナンスの事も考えなくてはなりません。

 3.途中でケーブルが切断されない用に細心の注意を払って施して動作を
   させケーブルの屈曲姿勢を確認し調整します。

 4.ケーブルをどの位置で固定するか?

 5.ケーブルのねじれ等をなくしながら綺麗に施します。(重要です)


 施工方法は日々進化していますので期待してください。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 御柱祭りの山出しが上社,下社ともに無事終了しました。
 5月には里引きが行われます。

 それにしても下社の木落としはオッカナイですね。
 秋宮一の御柱は直径が1m以上ですから、木落とし坂では柱のそばに近寄
 るのも怖いでしょうね。


 上社,下社の里引きが終わると次は各地区の小宮祭です。
 各地区で御柱祭りが行われます。
 地区内で御柱を曳き、お宮の四隅に建てます。

 ということで、御柱年には諏訪の平は一年中どこかでお祭りです。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム