蛍/三角細線の自動曲げ機

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2014年 7月 6日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は小平が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
     蛍
 <<2>>設計例
     三角細線の自動曲げ機
 <<3>>技術コラム
     手
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 蛍

 6月から7月にかけては、蛍が見れる季節です。 
 会社の近辺は緑豊かな八ヶ岳の麓ですが、環境の変化からか自然に飛ぶ蛍
 を見ることはできません。
 
 30年ほど前までは、田んぼの近くで車のハザードを点滅さしていると、
 蛍が寄ってきたそうですが、今はカエルの鳴き声しか聞こえません。

 ですので、私も蛍を見るには会社から車で30分くらいの辰野町の松尾渓
 までいきます。

 松尾峡では、6月中ころより500匹から1000匹の蛍を見ることがで
 きます。辰野町のホームページを見ると、約5000匹の蛍が発生した日
 もあったようです。

 辰野町では昭和40年代からゲンジボタルの養殖を始め、環境の整備など
 地道な努力を重ねられて、蛍を大切に育てているそうです。 

 先日、私も家族と辰野町まで見に行きました。雨天でしたのであまり期待
 はしていませんでしたが、暗闇にだんだん目が慣れてくると、ポツリ、
 ポツリと蛍の光が見え始めて草むらの中に100匹以上の蛍の光を見る
 ことができました。

 飛んでいる蛍はわずかでしたが、傘の中にも入ってくる蛍もいて子供達は
 蛍を間近で見ることができて、とても喜んでいました。

 6月30日時点でも約700匹の蛍が見えたそうです。
 (辰野町観光サイトより)
 http://kankou.town.tatsuno.nagano.jp/firefly/info/hotaru-hassei-h27.html

 お近くの方は、見に行かれてみてはいかがでしょうか。



○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>設計例
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 三角細線の自動曲げ機

 断面が底辺約2mmの二等辺三角形の金属細線(以降、三角細線)をU字に
 曲げる機械を製作しました。

 職人の手仕事でU字型に沿わせながら一本一本曲げる動作を、機械動作にて
 曲げ加工を行う装置です。

 お客様のご要望は、以下の4点でした。
 (1)正確な安定した曲げ製品の製作
 (2)3秒毎に1個曲げ製作できること
 (3)3種類のU字形状に対応すること
 (4)誰にでも扱える装置であること


 上記要望に対する解決法

 (1) 正確な安定した曲げ製品の製作
  三角線の端面を基準位置に突き当てて、曲げた時に三角線がよじれない
  ように、三角線をU字型に対して並行に固定することが重要です。 
 
  三角線の曲げ方は、この装置の重要な機構です。
  職人の手のようにU字型に沿わせながら曲げる動作を再現しました。

 (2) 3秒毎に1個曲げ製作できること
  三角線の供給と曲げ加工が終了した三角線を排出する動作を同時に
  行うことで実現しました。


 (3) 3種類のU字形状に対応すること
  3種類の治具を製作し、作業者が容易に交換が可能なように対応しま
  した。

 (4) 誰にでも扱える装置であること
  作業者は、回転テーブルに三角線を一方向に並べるだけで、曲げ加工
  ができるようにしました。
  ただし、三角線の向きを検出するセンサを付けていないので、置く向
  きを間違えると不良品ができてしまうのが難点です。


 装置の制御は、シーケンサを使用して行いました。

 この製品は、設計から製作、納品まで約3ヶ月の時間を要しました。
 安定して駆動するまでに苦労し投げ出したい気持ちになることもあります
 が、一度機械が動きだすと楽しくなってやめられなくなります。

 毎度、自己満足で終わらずお客様に満足していただける製品造りをして
 いくことを心がけて作業をしています。



○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<3>>技術コラム
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 手

 職人の手仕事を機械動作にて実現することは難しい作業です。
 
 機構を検討するたびに思うことですが、人の手は良くできているものだな
 …と感心します。

 どのような形状でもつかみ固定し、もう一方の手で道具を持ち作業をする。
 キーボードを叩き、マウスを握り、タッチパネルに触れてコンピューター
 を制御する。

 今回紹介した設計例(三角細線の自動曲げ機)であれば1機能に特化した
 機構を考案すれば実現できます。

 人の手と同様にあらゆる事象に対応できるロボットハンドは世界で多くの
 人が研究、開発しています。

 弊社でも利便性の良いロボットハンドを早く実現し製作したいと考えてい
 ます。 



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 小学生のころ蛍の光を火の玉と間違えてびびった記憶があります。
 蛍の光に夜道で1人っきりで遭遇するとちょっと驚きます。


 イチゴ選果機の正規販売を開始しました。
 http://www.tech-s.co.jp/Product/Product1/Unit3.html
 (ビデオ再生で音が出るので注意!)

 弊社にデモ用の機械を置いています。
 いつでも見学できますので、弊社にお越しの際には実機をご覧下さい。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

続きを読む

プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム