獣の奏者エリン/射出成型

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2015年1月5日号
┃              
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回の記事は社長の守本が担当です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 <<1>>社員ブログ
    本の紹介 「獣の奏者エリン」闘蛇編、王獣編、探求編、完結編
                  外伝・刹那

 <<2>>技術コラム
    ネットによる射出成型品の製作について

 <<3>>雑学
    プロジェクター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<1>>社員ブログ
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 本の紹介「獣の奏者エリン」闘蛇編、王獣編、探求編、完結編、外伝・刹那


 前回、昨年6月のブログで紹介した2014年国際アンデルセン賞・
 作家賞を受賞した上橋菜穂子さんの続刊も読みましたので紹介します。

 「守り人」シリーズを読んでいるときから気になっていた本に
 「獣の奏者エリン」がありました。
 「闘蛇編」、「王獣編」、「探求編」、「完結編」、「外伝・刹那」
 の全5巻の大作です。

 「奏者」とは何をする人なのか?
  本のタイトルからは全く想像がつきません。

 また、闘蛇とは、王獣とは、どのような生き物なのか?
 読み進めるにつれ、この獣たちの習性が明らかになるのですがあたかも
 実在する動物のように思えてくるから不思議です。

 他国との戦闘に使われる圧倒的に強い闘蛇。
 その闘蛇よりさらに強い王獣。

 もし王獣を操ることができれば怖いものなしです。
 戦争で負けることはありません。

 作者が作り上げた架空の生き物を主材にして少女エリンが獣の医術師
 として成長してゆく姿を緻密に描いてゆきます。

 王獣とどのようにして心を通わすのか?
 古くから言い伝えられた掟を破った先に待つものは一体何か?
 読んでのお楽しみ。

 この作品もやはり寝る間も惜しんで一気に読んでしまいました。
 「守り人」シリーズより更に人間描写が深まり物語に躍動感があります。

 私がこれまで読んだ本の中では水滸伝を抜いてベストワンかもしれません。
 お勧めです。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<2>>技術コラム
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 ネットによる射出成型品の製作について

 今年の春に商品化する予定の装置に「いちご選果機」があります。
 一昨年と昨年の2シーズンにわたり夏秋いちご生産農家で実際に使って
 もらい改良を重ねてきました。
 http://www.tech-s.co.jp/Product/Product1/Unit3.html

 この装置には28枚のいちごを載せるトレイがあるのですが試作機は
 樹脂板を切断し接着する方法で作りました。
 これでは高価な部品になってしまいます。

 そこで3Dプリンターで作ってみました。
 何度か試作し最終的に2部品の嵌め合わせにしたのですが1セット作る
 のに11時間かかります。

 いちごのシーズンが始まるのに間に合わせるためにプリンターを1台
 増やしおよそ半月かけて28個を作りました。

 ところが装置に搭載して選果(重量選別)してみると以前には全く
 なかったばらつきがでるのです。
 調べてみると3Dプリンターによる積層の溝(段々)がその原因でした。
 とにかく表面が滑らかな射出成型品にするよりほかにありません。

 以前から興味をもって調べていた「プロトラブズ」に3Dプリンターで
 使ったデータを送り見積を依頼しました。
 するとすぐに返事がきて見積金額と形の修正指示が送られてきました。

 3Dプリンターは抜き勾配も肉厚もアンダーカットも何も考えずに設計
 しても良いのですが射出成型品ではこれらを考慮しなければなりません。

 初めてのことで何の知識もなかったのですが送られてきた修正指示の通り
 にして再度データを送り返すと修正指示箇所なしになりました。
 後は試作個数と仕上げの程度、材質を決め注文するだけです。

 データさえあれば本当に簡単にオンラインで射出成型品を注文できてしま
 うのでなんて便利なシステムだろうと思いました。

 全く初めてでも心配なく頼めるのも良いところです。
 こうしてできたトレイを選果機に載せるとばらつきが全くなくなり、
 めでたしめでたしです。
 

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<3>>雑学
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 プロジェクター

 この1月4日から私の住んでいる地区の公民館で「精霊の守り人」アニメ
 観賞会を始めました。

 せっかく広いところで上映するのでスクリーンも大きいほうが良いと
 思って160インチ(縦1800x横4000mm)のものを自作し、
 軽自動車に積んで運べるよう組立式のスタンドも作りました。

 プロジェクターは会社で会議のプレゼン用に買ったものですが液晶方式
 しかないと思い特に調べもせずに購入したものです。

 しかし自宅で静かな夜に使ってみるとランプを冷却するためのファンの音
 がうるさく静かなシーンなど気になって仕方ありません。
 
 そこで家庭用に静かなプロジェクターはないのかと思いネットで検索する
 と他の方式、DLP(Digital Light Processing)方式があるのを初めて
 知りました。

 会議のプレゼン用なら気にもしなかったのですが大きな画面に動画を上映
 するとなると色の美しさとか明るさ、コントラストなどが気になります。

 公民館では午前中の明るい時間帯で部屋を暗くすることができません。
 昼間のシーンは明るいので問題ないのですが夜のシーンでは回りが暗く
 ないのでコントラストがはっきりしません。
 画面を大きくすればするほど光量が必要になります。

 考えてみれば80インチスクリーン用として購入したプロジェクター
 なので160インチではその4倍の光量が必要になります。

 次に買うときはとこの点と騒音を考慮して購入したいと思います。
 160インチのスクリーンならもう映画館にひけをとりません。
 
 投射距離5mで可能ですからもう自宅でも大画面が見られます。
 大型テレビを買うよりプロジェクターだなと思ったこのお正月です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(柴田)

 2015年が始まりました。今年もよろしくお願いします。


 守本が紹介した「いちご選果機」は下記リンクに画像と動画があります。
 http://www.tech-s.co.jp/Product/Product1/Unit3.html


 昨年末に私(柴田)がLabVIEW開発者認定資格(CLD)を取得しました。
 久しぶりの試験勉強で脳を活性化です。
 National Instruments社が薦めるLabVIEWのコーディング手法を良く理解
 できました。

 今後は認定資格取得者を増やす予定です。
 これからも安心してLabVIEWソフトウェア開発をお任せください。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 有限会社テクノロジーサービス
┃ 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
┃ 編集担当 柴田             
┃ TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
┃ http://www.tech-s.co.jp             
┃ mail@tech-s.co.jp             
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム