スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の生ビール自動販売機

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2013年6月21日号
┃              
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 このメルマガが少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 <<1>>社員紹介
     今回は機械担当兼務社長の守本です。
  
 <<2>>山案内
     お勧めの山を紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<1>>社員紹介
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 私は誰?

 機械担当の守本です。
 
 経営者というのは本来、
  ①ビジネスの仕組みを作り、
  ②資金を調達し、
  ③適した人材を配置する、
 という役割を果たす人のことをいうのでしょうが私には②と③しかできて
 いません。
 肝心のビジネスの仕組み作りが果たせていないのでこれが今の課題です。


 ■好きな言葉は?
 
 「継続は力なり」何でもそうですが3年続けらればある程度のレベルに
 達します。
 

 ■好きな作家は?

 大学生の頃は大阪に住んでいたので通学途中の淀屋橋で降りて中之島
 図書館に行き新潮社の山本周五郎全集を借りて読破したことがあります。
 
 今また新たに全集が出ているので今度は買って読んでみようかと思って
 います。


 ■好きな本は?

 高校生の頃はコナン・ドイルやアガサ・クリスティの推理小説、岩波文庫
 版の水滸伝、三国志、西遊記、ジャン・クリストフなど主に外国の小説を
 読んでいました。
 
 その中でもこれ以上面白い読み物はない、と思ったのが司馬遷の
 「史記列伝」でした。夜、寝る間もおしんで読みました。血沸き肉躍る
 水滸伝の上を行く面白さでした。
 
 けれど今となっては何がそんなに面白かったのか、全くわかりませんが
 今は亡き作家の司馬遼太郎はこの司馬遷にちなんで名前を付けたのです
 からきっと凄い人だと思ったのでしょう。


 ■好きな音楽は?

 これも高校生の頃のことですがいわゆるムードミュージックが好きでした。
 
 ポール・モーリア、パーシー・フェイス、アルフレッド・ハウゼ、などが
 来日し学校の帰りにこれも中之島にあったフェスティバル・ホールまで聴
 きに行きました。

 ただ、水泳部の練習が終わった後などに行ったときは眠くて眠くて、
 そして音楽が心地よいのでほとんど寝ていました。


 
◆ 今までの仕事のテーマを1つ紹介してください

 ■どんなテーマ?

 生ビールの自動販売機の設計製作をしました。
 500円を入れてボタンを押すと紙コップが落ちてきてタップから自動的
 にビールが注がれる本物の自動販売機です。

 普通の生ビール、黒生ビール、そしてその半々のハーフ&ハーフの3種類
 が選べました。


 ■どんな所が難しい?
 
 人がビールを注ぐのと同じようにタップを操作しコップを傾け、徐々に
 下げて行きながら理想の泡ができるようにするのですがそのバランスが
 難しい仕事でした。

 サーボモーターは高くて使えないのでDCモーターのPWM制御で速度
 調整をしてもらいました。


 ■どんな所が面白い?

 酒屋から20リットルの樽を買ってきて中に入れ、試験中はビールが飲み
 放題でした。
 
 でも3杯くらい飲むともう十分で後は捨てていたのでもったいないことで
 した。


 ■その後どうなった?

 無事完成しJRの関東地域の駅に試験的に設置するところまで話が進んだ
 のですが別の理由で取りやめになってしまいました。

 生ビールの抽出器は雑菌の繁殖を抑えるためにチューブ内を定期的に洗浄
 しなければならないのですが、この機能を備えているとはいえ無人の装置
 でどこまで信頼がおけるのかということが問題だったようです。

 でもこんな自動販売機があればビール好きはつい買ってみたくなるでしょ
 うね。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<2>>山案内
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 梅雨の季節は何と言っても八ヶ岳の硫黄岳から横岳のコースが一番のお勧
 めです。

 八ヶ岳が花の山だと紹介すると驚かれるかも知れませんが今の時期の硫黄
 岳と横岳の稜線上は花盛りです。有名なところではキバナシャクナゲが
 もう咲き始めていると思います。

 北アルプスではお花畑というように草原に咲いているのですがここ八ヶ岳
 の花は岩に咲いているものが多いのです。
 風が強いので小さな花が多く頑張って咲いている姿にけなげさを感じます。

 雨が降っても楽しめますので雨だからとあきらめずに出かけてみては
 いかがでしょうか。
 
 八ヶ岳はアプローチが短いので朝思い立ってから出かけてもこの時期なら
 日が長いので十分日帰りができます。山小屋も2時間も歩けばあります
 ので安心です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

 やっと梅雨らしい天気になってきました。作物には恵みの雨です。

 半袖に慣れたと思ったら、昨日から寒くなって今日は長袖です。
 気温の変化が激しいです。みなさま体調管理にはお気をつけ下さい。


 人型移動ロボットの動画をホームページにアップしました。
 動いている様子を少しですが見ることができます。
 http://www.tech-s.co.jp/Development_eg/Development_eg1.html


 最後までお読みいただきありがとうございました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 有限会社テクノロジーサービス
┃ 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
┃ 編集担当 柴田             
┃ TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
┃ http://www.tech-s.co.jp             
┃ mail@tech-s.co.jp             
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

「怒る」(いかる)を選択する

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2013年 6月 7日号
┃              
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 このメルマガが少しでもみなさまのお役に立てれば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 <<1>>社員紹介
     今回は制御担当の柴田です。
 <<2>>雑学
     「怒る」について。
 <<3>>商品・サービス
     「精密バイポーラ電流源」を紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<1>>社員紹介
――――――――――――――――――――――――――――――――――

◆ 私は誰?
 制御担当の柴田です。

 ■学生の頃はまっていたことは?

 学生の頃はバイクにはまっていました。バイク通学できる学校でしたので
 16才になるとすぐに中型バイクの免許をとりました。

 80CCのバイクから始まり750ccまで数多く乗りました。
 思い出深いバイクをあげると・・・

 ・RGV250ガンマ
 同級生が持っていた物ですが、自損事故でフロントフォークとカウルが
 だめになったものを激安で譲ってもらいました。フォークを交換し、丸い
 ヘッドライトを取り付けてネイキッド仕様に改造して乗ってました。
 コーナリングの気持ちいいバイクでした。

 ・GSX-750Sカタナ(初期型)
 ハンス・ムートのデザインに憧れて購入したバイクです。距離としては
 一番長く乗ったバイクです。沖縄と北海道以外はこれで走ってます。
 ヨシムラサイクロンの音が気持ちよかったですね。

 ・ゴリラ
 17才の頃に購入しました。今も持っていますが自宅の軒下で土に返りつつ
 あります。
 改造の楽しさを教えくれたバイクです。足回りとエンジン周りは原形を留めて
 いません。

 特にエンジンは毎週のように分解->組立てを繰り返していました。
 ハイカム,5速クロスミッション,大口径キャブレター・・・・
 いつかレストア(修復)したいですね。 


 こんなこともやってました。
 今ではありえない話ですが、(なんちゃって)モトクロスコースを学校
 敷地内の空き地に作り、学園祭で耐久レースをしていました。
 こんな危険な事を許すとは、なんと心の広い学校でしょうか!


◆ 今までの仕事のテーマを1つ紹介してください

 ソーラーカー用モータドライバ

 ■どんなテーマ?
 20年ほど前のテーマです。
 その当時流行ったソーラーカー用モータのドライバ開発を請け負いました。
 ブラシレスDCモータの速度制御ドライバですね。電流値は50A程度でした。

 ■どんな所が難しい?
 大電流を扱うパワーエレクトロニクスはノイズ対策が難しいです。
 大電流スイッチングに伴うノイズで回路が誤動作することがあります。

 デバッグも大変です。
 設計ミスや誤動作でパワー素子の駆動を間違えるとIGBTやパワーMOSFETが
 爆発します。

 ■どんなスキルが必要?
 当時はモータ制御に適した組み込み用のマイコンが無かったので、
 アナログ回路と標準ロジックで回路を構成しました。
 アナログ回路,デジタル回路のスキルが必要です。

 今同じ装置を作るのであれば制御回路のほとんどは組み込みマイコンで
 構成出来ます。組み込みマイコンと組み込みソフトのスキルも必要です。

 また大電力を扱うのでパワーエレクトロニクスのスキルと、モータ制御
 するための制御工学の知識も必要です。



――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<2>>雑学
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 柴田が「怒る(いかる)」についてお伝えします。

 「人に対して怒ることは精神病の表れだ」
 「何かに対して怒るか怒らないかは自分の責任である」

 これは最近聞いた話です。深く心に残っています。


 人間は自分の外側で起こっている事にたいしてどのように反応するかを
 自分で選択することができます。

 人にいやなことを言われたり、良くない事が生じると、怒ることがある
 と思います。
 その怒った原因を”誰か”や”良くない事”の責任にしていませんか?

 自分の外側で起こっている事柄に対してどのように反応するかを決める
 のは自分の責任です。
 いやな事があった時にそれに対して”怒る”のか”笑い飛ばす”のかを
 自分で選択できます。

 これを知ってからは何があっても「別に怒らなくていいんだ!」と気持ち
 が楽になりました。

 怒りそうになったら”怒るのは精神病”と思い出して心を静め、次に
 どのように反応すべきか考えます。

 とは言え”イラッ”とすることはまだあります。
 まだまだ修行が足りません。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<3>>商品・サービス
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「精密バイポーラ電流源」について柴田が紹介します。
 
 ±2Aの電流値を±0.1%の絶対精度で出力できる電源です。
 精密メッキ用電源や試験用電源として使用できます。

 通常は電源と言うと電圧源を表しますが、この電源は電流源です。
 設定した電流値を正確に流します。
 このようなバイポーラ電流源は世の中にあまりありません。

 詳細はこちらをご参照下さい。
 http://www.tech-s.co.jp/Product/Product1/Unit2.html 

 紹介ページではステップ波形の電流値を載せていますが、特注で任意の
 電流波形に対応できます。

 基板タイプなどの組み込み用途にも特注対応します。
 お気軽にお問い合わせ下さい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記

 メルマガの社員紹介が2巡目に入りました。
 社員同士でも知らないことがあったり、忘れていた過去の仕事を思い出し
 たり、自分たちのためにもなっていますね。


 これまでメルマガで紹介した”過去の仕事”と”商品・サービス”を
 まとめました。
 http://www.tech-s.co.jp/Development_eg/Development_eg.html 
 「社員が紹介する開発の例」でまとめたページへ飛びます。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 有限会社テクノロジーサービス
┃ 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
┃ 編集担当 柴田             
┃ TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
┃ http://www.tech-s.co.jp             
┃ mail@tech-s.co.jp             
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。