スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無灯火 / 図面

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年12月04日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は守本(裕)が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    無灯火
 <<2>>技術コラム
    図面

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――


 「無灯火」


 12月となり、徐々に寒くなってきました。
 長野でも雪がちらほら舞ってきています。
 
 最近では日の入も早くなり、うす暗くなるのが早くなりました。
 それにつれ、暗い時間に運転する機会が多くなってきます。
 
 夜間の運転時にはライトを点灯すると思います。
 しかし、夕暮れ時のややうす暗い程度の時はどうしているでしょうか。
 体感ですが、5割くらいが無灯火で走行しています。
 
 たまにですが夜間でも無灯火で走行している車があります。
 急に暗闇から現れてビックリしたと同時に恐怖を感じました。
 あのときは事故に遭わなくて良かったです。
 
 以前の私はうす暗い程度ではライトを点灯していませんでした。
 「自分が見えるからライトを点けない」で走行していました。
 ですが、自分が見えていても相手から見えているとは限りません。
  
 明るさの感じ方は人それぞれ。
 最初はライトを点けている車を見かけたら自分も点ける程度でも良いです。
 
 早めの点灯で夜間の運転時は特に安全走行を心がけたいものです。



○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――


 「図面」


 製品を作る上で図面は必要不可欠なものです。
 外観図、実装図、加工図、配線図、等々。
 
 文章だけの説明より図があった方が理解しやすいと思います。
 やはり形を目で見てイメージできることは大きなメリットです。
 
 
 そんな重要な要素である図面を描くときに意識することは

 『製作者以外の人間が見ても理解できる』

 これに尽きます。
 
 
 図面製作中は常に他人が見ても理解できるか考えます。
 これは自分の理解を深めることにも繋がる重要なことです。
 自分で理解できない図面が他人に理解できるはずはないのです。
 
 ただ、最初から完璧な図面ができるわけではありません。
 急な仕様変更、記入漏れや記入ミス、修正をする機会はたびたびあります。
 そういった変更点を図面に反映させることを忘れてはいけません。

 「自分が覚えていればいいや」という考えは非常に危険です。
 その時は覚えていたとしても、ずっと覚えていられるということはありません。
 何より、図面にないことを他人が理解できるはすがないですよね。
 必ず記録に残しておきましょう。
 
 図面は製作者本人だけが見るわけではありません。
 誰でも理解できるように、と意識を持つだけでいいのです。




●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)


 またまた熱燗の旨い季節となりました。

 まだ先のイベントですが「諏訪の呑みあるき」が次回は2日間となりました。
 http://nomiaruki.com/breweryhopping/

 一日あたりの人数を制限して2日間にしたようです。
 狭い歩道しかない国道の両脇をヨッパライがふらふらして危険なので
 人数制限したようですね。

 1日目は平日ですね。
 もし当日、私が会社を休んでいたら察してください・・・


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




スポンサーサイト

ワイパー / はんだ付け

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2017年 4月 3日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は守本(裕)が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    ワイパー
 <<2>>技術コラム
    はんだ付け
 <<3>>観光案内
    諏訪の「呑みあるき」

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 「ワイパー」


 私の乗っている車は購入してから10年が経ちました。
 長く乗っているとトラブルがたびたび起こります。


 以前から調子の悪かった車のワイパーが遂に故障。
 2本のワイパーの内の1本が動かなくなりました。

 
 取り付け部のナットを締め直し試してみても動作せず。
 どうにもならなかったのでワイパーを外して確認してみました。

 すると、取り付け部の歯車状の部品が削れてツルツルになっていること
 がわかりました。
 ワイパー側も削れてしまっていたため滑って動かなかったようです。


 さすがに自分では直しようがなかったので修理をお願いしましたが
 部品の全交換が必要で、そこそこの出費でした。


 さて、破損した原因なのですが、雪の影響だと思います。
 フロントに積もった雪をワイパーで落とそうとしても雪の重量によっては
 ワイパーが動くことができないことがあります。

 しかし、モーターが頑張ってワイパーを動かそうとした結果、連結部分が
 空回りして削れて破損してしまったようです。


 負荷をかけた無理な動作が破損に繋がることを改めて感じました。
 雪国なので車の扱いにはとくに注意したいところです。



○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 「はんだ付け」


 私は業務で制御盤内の配線をする機会が多いです。
 普段は内側に隠れてしまって目にすることはないかとは思いますが
 はんだ付けされている部品は多数あります。その中でもコネクタの
 はんだ付けについて自分の経験からお話したいと思います。


 1.ケーブルの被覆を剥く

 コネクタの端子の長さに合わせて被服を剥きます。
 この長さはコネクタによって違いますが、気持ち短めにすると
 後工程で作業をしやすいです。


 2.予備はんだをしっかりする。

 予備はんだとは接続部にあらかじめはんだを付けておくことです。
 この工程をするかしないかで完成度と作業性が違います。
 コネクタとケーブルの接続部分それぞれに予備はんだをします。
 はんだごてを長い時間当てすぎて部品が溶けないように注意します。


 3.端子にケーブルをはんだ付けする。

 絶縁処理用の収縮チューブを使用する場合は入れ忘れないように。
 端子側の予備はんだを溶かしてケーブルをはんだ付けします。
 両方のはんだが溶けて馴染んだらすぐにはんだごてを離します。
 ここでも長い時間当てすぎて部品を溶かさないように注意します。
 最後に絶縁処理をして完成です。


 全体的に意識していることはスピードと完成形です。
 はんだ不良が無いようにしながら如何に早く効率良くキレイにできるか
 意識しながら作業をしています。

 シンプルな作業ですが、まだまだ改良できるところがありそうです。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<3>>観光案内(柴田)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 「呑みあるき」

 先日、諏訪の「呑みあるき」に日本酒好きの長男と行ってきました。
 http://nomiaruki.com/breweryhopping/

 500mの間にある5蔵の日本酒が飲み放題です。
 日本酒好きにはたまらないイベントですね。

 それぞれの蔵では5種類以上のお酒が用意されています。

 受付でもらった専用の升に各蔵で日本酒をそそいでもらいます。
 一度にお猪口2杯分程度でしょうか?

 10種類以上は味わったので3合~4合飲みましたね。

 特徴のある飲食店屋台も10軒以上でていました。

 昼間っからおいしい日本酒で酔っ払い、うまい料理を食し、手軽に味わえ
 る非日常がとても楽しかったですね。

 秋にも「呑みあるき」がありますので、興味のあるかたは非日常を味わい
 に一緒にいかがですか? 


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 新年度が始まりました。

 昨季の1月~3月は納品のラッシュでしたね。
 やっと一息です。
 年間を通して仕事量を均せないものでしょうか?

 みなさまにもう少し早めに発注していただけると、冬場スキーに数多く
 いけるなー・・・と妄想しています。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




猫 / 道具・工具について

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2016年07月25日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は守本(裕)が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    猫
 <<2>>技術コラム
    道具・工具について

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 「猫」

 半年くらい前から家で猫を飼っています。
 来た時は子猫でしたが、今ではすっかり大きくなりました。

 私が家の中を移動するときは足元にじゃれついてきて、危うく踏みそうに
 なります。ためしに軽く踏んでも喜ぶ始末で、注意しても聞きやしません。
 
 そんな猫ですが、夏になり暑くなったので行動も変化しました。
 
 暑くて疲れるのか寝ている時間が更に増えました。もう一日中は寝ている
 んじゃないかというくらい寝ています。熟睡中には触っても反応しないの
 で触りたい放題です。
 
 また、涼しい場所を見つけるのが得意なようで、風通しのよいところや
 フローリングをゴロゴロしています。家中をうろついては涼しい場所で
 ゴロゴロ三昧なのは羨ましい限りです。

 ですが、まだ子供なようで寝ている場所でおねしょをします。夏場なので
 臭いが漂ってきてすぐにわかるので、捕まえて怒ると必ず目を逸らします。

 都合が悪くなると目を逸らすところは人間にそっくりで笑ってしまいました。

 やんちゃ盛りで大変ですが、成長したらおとなしくなるのかと思うと
 嬉しいと思う反面、寂しくもあるのかなと思います。


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>技術コラム(守本(裕))
○―――――――――――――――――――――――――――――――――

 「道具・工具について」

 仕事では様々な道具や工具を使います。
 どのようなものでも使用して時が経つことで徐々に劣化していきます。

 不具合で使えなくなった場合に、自分で対処する方法を理解していないと
 いざという時にとても困ってしまいますよね。
 そうならない為には定期的なメンテナンスも必要になります。
 
 特に共用の道工具の場合、誰がメンテナンスをするか決めていないことが
 あるかもしれません。
 「誰かが出来る」のではなく「使用する人間全員が出来る」ように
 しておくべきです。


 実例として私の失敗談を挙げたいと思います。
 鉄を切断するバンドソーという切削機械を使用した時のこと。

 その名の通りにノコギリの刃が帯状になったものが回転してワークを切断
 する機械です。頻繁に使わないので、私は使用方法しか知りませんでした。
 
 ある日、その機械を使用中にバンドの部分が切れてしまったのですが、たま
 たま機械に詳しい人が出張中で対処ができず、帰社後に対処して貰いました。

 自分で機械のメンテナンス方法を理解していれば余計な手間を取らせること
 もなかったことを反省しました。

 道工具に対する理解度を高めることは適切な使用に繋がります。
 適切な使用を心がけ安全に作業を行いましょう。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 ※ゴキブリが嫌いな人は以下読まないことをお勧めします。
  (気持ち悪くなったらごめんなさい)


 先日、大阪に住んでいる次男から電話がありました。
 「ウォー 4cmくらいのゴキブリが出たー!!! どうすればいい!」

 と大騒ぎで逃げ回っているようです。
 「セミだと思って捕まえろ!」と言ってやりました。


 ここ茅野市ではゴキブリを見たことがありません。
 妻に聞いても「ここでは見たことが無い」と言っていたので多分ゴキブリは
 茅野市にはいないのでしょう。

 茅野市は都会からの移住を勧めていますので、”ゴキブリがいない”という
 のも茅野市のアピールポイントになるかもしれませんね?


 私は九州の生まれなのでゴキブリには慣れたものです。

 自分の記憶には無いのですが、小さい頃にゴキブリをセミと間違えて
 捕まえて、隣のおばちゃんに「セミ捕まえた」と自慢げに見せたことを
 今でも親にからかわれます。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




雪と車/関節力学試験ロボット

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
● 
● 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2015年12月15日号
●              
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は守本(裕)が担当です。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
目次
 <<1>>社員ブログ
    雪と車

 <<2>>製品紹介
    関節力学試験ロボット
    
 <<3>>観光案内
    地元の温泉

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 雪と車

 先週、長野にも雪が降りました。
 暖冬のため例年より遅い初雪のようです。

 まだ積もるほどではないのですが、毎年恒例のタイヤ交換をしました。
 スタッドレスタイヤに交換したので冬の準備は完了です。

 これから寒くなって雪が積もってくると事故が増えます。
 初めて積雪があった日は8割くらいの確率で事故の場面に遭遇します。

 大体が追突事故で、ノーマルタイヤのまま運転していてブレーキが
 利かなくなってしまうことが原因です。
 ここは坂の多い地域なので特に注意しなければなりません。
 
 スタッドレスなら大丈夫かというと必ずしもそうとは限らない。
 しかし、自分の命を預ける車の整備は怠らないようにしたいものです。

 長野ではスタッドレスタイヤは一般的ですが、雪の少ない地域では
 持っていないことの方が多い思います。
 雪の多い地域に出かけるときは、くれぐれもご注意を。
 

○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<2>>製品紹介(柴田)
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 柴田が関節力学試験ロボットについて紹介します。
 
 このロボットは首都大学東京の藤江研究室と共同開発した製品です。
 http://www.tech-s.co.jp/Product/Product1/Unit4.html

 ロボットに膝関節,肩関節,脊髄などを取り付けて試験を行います。
 取り付けた関節に任意の力と変位を与えることが出来ます。

 主に、靭帯の張力解析や靭帯再建手術の評価に使用されています。
 すでに国内,海外の研究機関や医療機関で使用されており、特に膝靭帯の
 再建手術の評価では多くの実績を出しています。


 機構的な特徴として、直動3軸と回転3軸が分かれていることがあります。
 回転の根元1軸にガイドが付いている事もあり剛性を高くできています。
 この機構は特許となっています。


 制御部にはナショナルインスツルメンツ製(以下NI)のリアルタイム
 コントローラとパソコンを使用しています。

 開発ソフトウェアにはNIのLabVIEWを用いています。
 LabVIEWを用いることで、ユーザ側でも比較的簡単にソフトウェアを変更
 することができます。


 藤江研究室のホームページでは旧型ロボットでの試験の様子を見ることが
 できます。
 http://www.comp.sd.tmu.ac.jp/fujielab/robsyoukai.html

○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<3>>観光案内
○―――――――――――――――――――――――――――――――――
 地元の温泉

 私が行ったことのある温泉のうち2つを紹介します。


・玉宮温泉 望岳の湯
 http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000000764000/
 
 比較的大型の施設でゆったりとした造りになっています。
 
 この温泉は、窓側が全面ガラス張りになっていて、とても眺めが良いです。
 「望岳」の名の通り、東側は八ヶ岳、西側は南・北アルプスを眺めながら
 入浴することができます。

 1週間毎に東西にある男女の浴室が入れ替わります。
 どちらの眺めもとても素晴らしかったです。


・湯川温泉 河童の湯
 http://www.lcv.ne.jp/~yugawa/kappa.htm

 望岳の湯と比べると小さいところですが、静かで落ち着いた雰囲気です。
 私はこちらの温泉へ行く事の方が多いです。

 大通りから狭い横道に入ったところにあるのでわかりにくいかもしれません。
 それでも県外ナンバーの車をちらほら見かけます。

 ここの露天風呂は風情があってのんびり入浴できます。
 温度もちょうど良いのでついつい長湯をしてしまいます。
 

 以上2つの温泉を紹介しました。
 機会があればぜひ利用してみてください。


●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
編集後記(柴田)

 スキーシーズンですがスキー場に雪が無く、待ち遠しい限りですね。 


 雪道を安全に走るコツですが、とにかくゆっくり走ることです。
 運動エネルギーは速度の2乗に比例しますので、1/3の速度であれば
 たった1/9の運動エネルギーを持った車を止めればよいことになります。

 のろのろ運転で人の迷惑より安全第一です。


 ランクルやパジェロなど大型の四駆がよく雪道の下り坂で事故を起こして
 います。

 上り坂は四駆なので滑らずに調子よく登り、「下り坂も滑らないだろう」
 と過信してしまいます。
 下り坂は二駆(FFやFR)でも四駆でも同じで、頼れるのはタイヤの摩擦力
 が主です。

 しかも大型の四駆は重いので、カーリングの石と同じでツーと滑って
 なかなか止まりません。


 最後までお読みいただきありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
 有限会社テクノロジーサービス http://www.tech-s.co.jp
 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
 編集担当 柴田             
 TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
 mail@tech-s.co.jp             
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●




睡眠不足/NIアライアンス

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 
┃ 有限会社テクノロジーサービス メールマガジン 2015年06月01日号
┃              
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは弊社とお取引のあったお客様やお問い合わせ頂いた方に
 送っています。

 今回は守本(裕)が担当です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
目次
 <<1>>社員ブログ
     道
 <<2>>雑学
     睡眠不足
 <<3>>サービス紹介
     NIアライアンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 <<1>>社員ブログ
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「道」

 次第に気温が上がり、夏が近づいているのを感じます。
 晴れた日には外出することも増えるでしょう。

 長野では車は生活必需品です。
 外出する時には、ほぼ100%車に乗ると言っても過言ではありません。
 
 そこで重要なのが「道」です。

 普段、生活する上で通っている道は自然と覚えてしまうものですね。
 しかし、自宅周辺であっても自分が通らない道というのは多くあります。
 たまに行くような地域なら忘れてしまっていることもあるくらいです。
 
 私はそういう普段は通らない道を走るのが好きです。

 「こんな道があったのか」
 「こんな店があったのか」
 「こんな景色があったのか」

 どうせ走るなら楽しい方が得した気分になると思いませんか?

 最近ではどの車にもカーナビが搭載されています。
 目的地を入力して指示通りに運転すれば迷うことなどありません。
 
 たまには回り道も良いものです。
 新たな発見があるかもしれません。


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<2>>雑学
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 「睡眠不足」

 健康であるに越したことはありません。
 体調管理は仕事をする上で重要なことだと思います。

 中でも睡眠不足は誰もが経験があることでしょう。
 パフォーマンスが目に見えて落ちてしまいます。
 
 ・集中力の低下
 ・ストレス増加
 ・体がダるく重い
 ・居眠り
 ・免疫力低下
 ・思考能力の低下
 etc
 
 上げればキリがありません。
 良いことなど何一つありませんね。

 「睡眠時間を削ることは自分の命を削るのに等しい」と言われるほど
 睡眠は重要です。

 毎日決まった時間に寝て起きるだけでも違います。
 改めて自分の生活を見直してみるのはいかがでしょうか。

 睡眠不足では自分の持っている力を十分に発揮できません。
 夜寝る時はしっかりと寝て、また次の日も元気に頑張りましょう。
 
 健康第一!


――――――――――――――――――――――――――――――――――
<<3>>サービス紹介
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 NIアライアンスについて柴田が紹介します。
 
 弊社が3月よりナショナルインスツルメンツ(以下NI)のアライアンス
 パートナーとして登録されました。
 http://japan.ni.com/alliance/japan

 アライアンスパートナーはグラフィカルシステム開発(主にLabVIEW)を
 利用し、NIと協力してお客様の問題解決にあたります。

 アライアンスパートナーになる条件の一つはCLD(LabVIEW開発者認定資格)
 取得者が1名以上在籍することです。

 弊社には以下の資格取得者が在籍しています。
  CLD (LabVIEW開発者認定資格) 取得者 1名
  CLAD(LabVIEW準開発者認定資格)取得者 1名
 
 アライアンスパートナーに登録する弊社のメリットの1つとしては、NIの
 ソフトウェア製品のほぼすべてを使用できる事があります。

 これまでは高価なため試せなかった開発ツールも使うことができますので、
 お客様の問題解決のためにより適した提案ができます。

 お客様のメリットとしては、アライアンスパートナーにはCLDやCLAD取得者
 が在籍していますので安心してLabVIEWを使ったソフトウェアの開発を依頼
 することができます。

 さらに弊社には機械,電装,電気回路の各設計者が在籍していますので、
 お客様はNI製品を使った装置の設計製作を一括で依頼できます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(柴田)

 男子テニスのジョコビッチが書いた「ジョコビッチの生まれ変わる食事」
 を読みましたが、その中にも睡眠の重要性が書かれていました。
 (この本はお勧めです!)

 私は睡眠不足では全く仕事が進みませんので、睡眠時間はお子様なみに
 長いです。家族のなかで一番長いと思います。

 「寝る子は育つ」と言いますが、そのため私は背が高くなったのだと
 思います。

 しかし背が高すぎると合う服がなかなか無いし、頭もよくぶつけるので
 妻からは「無駄に背が高い」と時々言われます・・・・
 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ 有限会社テクノロジーサービス
┃ 391-0213 長野県茅野市豊平2074         
┃ 編集担当 柴田             
┃ TEL 0266-73-1760 FAX 0266-73-1781             
┃ http://www.tech-s.co.jp             
┃ mail@tech-s.co.jp             
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




プロフィール

テクノロジーサービス

Author:テクノロジーサービス

カテゴリ
リンク
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。